名護で整形外科やリハビリテーションなら伊差川整形外科 - トリガーポイントブロックとAKA博田法で肩こりと腰痛を改善


伊差川整形外科


  1. トップ
  2. お知らせ
診療内容

診療内容

整形外科

整形外科

○ 骨折・靭帯損傷・捻挫・打撲・脱臼・肉離れ・つき指
○ むちうち・寝ちがえ・肩こり・手足のしびれ・椎間板ヘルニア
○ 五十肩・坐骨神経痛・神経痛
○ 膝の痛み・腰の痛み・首の痛み・手やひじの痛み・腱しょう炎
○ 脳卒中などによる麻痺、可動域制限、筋力低下
○ 骨粗鬆症



リハビリテーション

リハビリテーション

理学療法士による専門的なリハビリテーション、運動療法ができます。
肩が動かない、腕が上がらない、膝が曲がらないなどの可動域制限を理学療法士が対処します。また下肢の筋力低下に対し筋力強化や歩行訓練などの運動療法も可能です。スポーツによる傷害、障害はもちろん脳卒中後に麻痺が残存しリハビリを続行したい方なども 対処したします。首、背中、腰、上肢、下肢などのマッサージもできます。 膝、足関節、手指などのテーピングもできます。


AKA博田法

AKA博田法とは

関節運動学的アプローチ、AKA(Arthrokinematic Approach)とは関節運動学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法である。AKAとは、「エーケーエー」と読み、Arthrokinematic Approach(アルスロキネマティックアプローチ:関節運動学的アプローチ)の略で、当初は動きにくい関節を動かそうとする目的(関節機能障害の治療)で博田節夫(はかたせつお)先生により開発された治療法です。

AKA博田法についてもっと詳しく


治療方法

治療方法

背骨の付け根にある仙骨と、骨盤を形成している腸骨、その間にある関節を「仙腸関節」といいます。仙骨と腸骨に手をおいて、この仙腸関節を動かすことで関節機能の障害を治療します。急激な力で動かす治療ではなく、最小限の力と適切な関節の動きを引き出す治療方法です。



該当する症状

腰痛

肩痛・肩こり、肩関節の痛み・五十肩、肩甲骨痛、背中痛、頭痛、肘関節の痛み・テニス肘、手首痛、足首痛、腰痛、股関節痛、膝関節痛、三叉神経痛、坐骨神経痛、仙腸関節炎、CRPS TypeⅠ(RSD)、顎関節症、偏頭痛、群発性頭痛、筋緊張性頭痛、顔面痛内臓痛、坐骨部痛、手の痺れ、足の痺れ、 手指痛、など気になる症状がございましたらお気軽にご相談下さい。


トリガーポイントブロック

トリガーポイントブロック療法とは

トリガーポイントブロックとは、トリガーポイント(痛みを引き起こす引き金部位)に局所麻酔を注入し痛みをブロックすることです。トリガーポイントは、何カ所もあることが多く、丹念に探し出しブロックすることが必要です。

トリガーポイントブロック

腰痛や膝痛、肩の痛みなどの整形外科の病気は、筋肉が原因のことが多いと指摘されています。(筋筋膜性疼痛) その場合、圧痛点(おすと痛い所)に痛み止めの注射を何ヶ所かにするだけで痛みがうそのように和らぐことがよくあります。このトリガーポイントブロック注射で痛みをとると、動かせなかった肩がすぐ動かせるようになったり、腰痛が軽快してすっと歩けるようになったりします。うつうつとしていた気分が晴れやかになり、痛みが改善します。痛みを感じる場所を一緒に探りながら痛み止めの薬を注射するだけのシンプルな方法です。すごく細い針を使って注射しますので安全で痛みもほとんど感じません。


該当する症状

肩こり

頭痛、 変形性頚椎症、 五十肩(肩関節周囲炎)、 三叉神経痛、 テニス肘、 腱鞘炎、 腰痛症、 坐骨神経痛、 股関節痛、 膝関節痛、 線維筋痛症、 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)
その他各種の慢性疼痛でお悩みの方。


  

医院案内

伊差川整形外科

〒905-1152
沖縄県名護市伊差川309-1
TEL:0980-52-5656
FAX:0980-52-5658
駐車場:広々30台

受付時間
 午前9:00~12:00
 午後2:00~5:00
休診日
 日曜・祝祭日・水、土の午後

  
  

リンク